施術当日は体を温めない

カウンセリング

人に気付かれずに整形

小顔にはなりたいけれど、傷が残ったり仕事を休まなければいけないような施術はしたくないという人は多いでしょう。ボトックスは、注射をするだけという簡単な施術で、咬筋の発達によるエラを委縮させ、シャープなフェイスラインを実現できる美容整形です。注射はほんの10分ぐらいで完了し、施術後はすぐ自宅に戻れるので仕事を休む必要もありません。また、効果はすぐに現れるわけではなく2週間ほどかけて徐々に現れてくるため、周りの人に整形したことを気付かれないというメリットもあります。1つ気を付けなければいけないのは、小顔を施術した日に体を温めたり、注射した部分をマッサージしたりしないことです。ボトックス製剤は温まると効果が薄れるという特徴があるため、湯船に浸かったり飲酒をしたりして血行を促進させるのは禁物です。マッサージをして肌に刺激を与えることで、注射した部分が内出血することもあるので、安静に過ごすよう心掛けましょう。神経質になる必要はありませんが、術後の過ごし方で効果の現れ方も変わります。美容整形は、コンプレックスを解消するために行うものです。ボトックスによる小顔施術も、引き締まったフェイスラインを作るために行われます。しかし、それだけでなくボトックス注射で咬筋を委縮させることによって、無意識のうちに行っている食いしばりや歯ぎしりを予防することも可能です。筋力が弱まるため食いしばる力も弱くなり、歯に負担がかからなくなるのです。そのため、咬筋を委縮させるだけでなく、咬筋の発達をも防ぐため、だんだんと効果の持続時間が長くなり、最終的には半永久的な小顔を手にいられるようになります。1回の注射で小顔と食いしばりの予防という2つの効果を実感できるのです。効果の持続時間は最初の内は3ヶ月程で、繰り返し施術を受けることにより半年から1年と伸びていきます。一般的には、5回から6回の施術を受けると、恒久的な効果が得られるようです。そのため、一度に大きな変化を起こすのではなく、少しずつ小顔に近づけていきたい人に支持されている治療法でもあります。

Copyright© 2018 ボトックスは小顔効果だけじゃない!【多汗症の治療にも活用】 All Rights Reserved.