効果の持続期間や費用

医者

施術ごとに効果は異なる

美容整形で小顔を手に入れようとする場合、最も大切なのは自分に一番適した施術方法を選ぶことです。美容整形には、ボトックスのように注射だけで出来る簡単なものから骨を削るような大掛かりなものまで色々な種類があります。効果の高さ、ダウンタイムの長さ、費用などを基準にして選ぶとよいでしょう。効果は、3ヶ月から半年しか持続しないもの、1年から3年持続するもの、10年から半永久的に持続するものなど色々な選択肢があるので、費用の面なども考慮して効果の持続期間が短い施術を定期的に受け続けるのか、一度で長く効果が持続する大掛かりな施術を受けるのかを選択します。ダウンタイムが長い施術を受けると、長期的な休みを取る必要も出てくるため、その辺の考慮も大事です。手軽にできてダウンタイムが少ない小顔施術としてはボトックス注射があり、副作用の心配も少ないと高い支持を得ていますが、全ての顔のタイプに有効なわけではありません。様々な角度から検討して、自分に適した施術を選択するのが賢明です。小顔効果のある美容整形はたくさんありますが、代表的な施術の特徴をご紹介しましょう。まず、ボトックス注射はボトックス製剤を咬筋の部分に注射するタイプの施術で、筋肉を委縮させてフェイスラインを整えます。施術時間やダウンタイムが短いのがメリットですが、骨格の張りによるエラには効果がありません。効果は3ヶ月から6ヶ月持続します。次に、ウルセラは超音波を使ったたるみ改善の施術で、ほほやあごがたるんで顔が大きく見える人に適しています。メスを使わない施術なので手軽に受けられ、効果の持続期間は半年から1年間です。頬のたるみを引き上げフェイスラインを引き締める小顔施術としては糸を使った施術があり、細い医療用の糸を皮膚の中に挿入し持ち上げます。コラーゲンの生成も活発になり、肌の若返りも図れます。効果の持続期間は1年から1年半です。最後に、骨格を小さくする施術として骨削りがあります。ダウンタイムが長く、大掛かりな施術となりますが、1回の施術で半永久的に効果が持続します。

Copyright© 2018 ボトックスは小顔効果だけじゃない!【多汗症の治療にも活用】 All Rights Reserved.